ニュースリリース

Newsletter 2018年度

銀座街づくり会議では、ニューズレターを発行しています。銀座街づくり会議の活動内容をお知らせするもので、全銀座会および銀座通連合会会員の方にはファックスで送信しています。
バックナンバーを見ると、銀座街づくり会議のこれまでの活動の経緯がわかります。

  • 2018/12/10 Vol.109
    駐車場、こんなに必要?? 普通車用・荷捌き用・身障者用・・・銀座の駐車場課題について、ご意見をお聞かせください
    ニューズレター109

    銀座は狭小敷地や間口が狭いビルが多いため、東京都駐車場条例に沿った附置義務駐車場をつくっていくと、通りが駐車場の入口ばかりになってしまいます。それでは通りのにぎわいの連続性が失われてしまうので、中央区は2003年に駐車場「銀座ルール」を策定しました。このルールよって小さなビルの駐車場を大きなビルの集約駐車場内に隔地駐車できることになりました。しかし、運用していくなかでさまざまな課題も明らかになり、全銀座会・銀座街づくり会議では、駐車場「銀座ルール」の見直しを数年間にわたり中央区に要望し続けてきました。

    ニューズレター Vol.109 PDF [344KB]

  • 2018/12/07 Vol.108
    これからの銀座をどうしていきたいか? 銀座の将来像と地区計画「銀座ルール」変更について
    ニューズレター108

    1998年、銀座地区では「にぎわいと風格」をコンセプトに中央区と協議の上、地区計画「銀座ルール」を導入しました。以降、良好な街並みを継承するために建築物に高さ制限を設けたり、協議型のまちづくりを行うためにデザイン協議会を設立するなど、その時々の街の現状と課題に合わせた銀座独自のルールを作り上げてきました。

    一方、時代の変遷とともに、現行地区計画のままでは銀座地区の発展の弊害になりかねない問題も起きています。銀座に必要なルールとはどのようなものなのか、ひとつひとつの課題に対して、中央区と一緒に考えていきます。

    ニューズレター Vol.108 PDF [341KB]

  • 2018/09/03 Vol.107
    世界の中の銀座 −都市の均質化と銀座の未来 + デザインレビュー2017
    ニューズレター107

    7月9日、紙パルプ会館銀座フェニックスプラザにて、2017年度・銀座街づくり会議の活動報告会を開催しました。主な内容は、1)2017年度の活動報告+2018年の活動計画について、2)銀座デザイン協議会 デザインレビュー、3)都市の均質化と銀座の未来、の3つです。

    谷澤信一評議会議長の挨拶に始まり、事務局長・竹沢えり子より活動報告と活動計画について、小林博人さん(慶應義塾大学教授)のデザインレビュー、蓑原敬さん(都市プランナー)小林博人さん、中島直人さん(東京大学大学院准教授)、安西慶祐さん(銀座大黒屋)のパネルディスカッションがありました。

    ニューズレター Vol.107 PDF [375KB]

ページのトップへ戻る