• ニュースリリース
  • イベント情報
  • 連続シンポジウム 新しい銀座ヴィジョン
  • シンポジウム・勉強会
  • 報告会
  • 新富座こども歌舞伎
  • 銀座デザインフォーラムシンポジウム
  • バックナンバー
  • 銀座街づくりとは
  • 銀座デザイン協議会
  • 銀座のルール
  • リンク
  • ご意見・お問い合わせ
銀座の歴史・エピソードをご紹介 銀座まちづくりコラム
銀座デザイン協議申込フォーマット

イベント情報

シンポジウム・勉強会

銀座街づくり会議シンポジウム 『銀座の交通グランドデザインを考える』

日 時 2013年12月2日(月) 13時〜15時
場 所 銀座十字屋ホール
プログラム
講師
中村文彦 (横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)
中川 大 (京都大学大学院工学研究科教授)
出席者 約180名
共 催 銀座街づくり会議
協 力 銀座十字屋ホール
概 要 中央区では、臨海部の人口増加、築地の移転問題、晴海地区に予定されているオリンピックの選手村建設とその跡地利用等を前提に、臨海部と都心を結ぶ基幹交通システムの検討を始めています。そのなかで銀座の内部にBRT(連節バス)を通す(のちにLRTに変換する)という案が浮上し、銀座ではそのルートをめぐって大議論となりました。また、銀座には他にも交通問題がたくさんあります。
そこで、5月に中村文彦先生(横浜国立大学大学院教授)にお願いして、銀座の交通をテーマとしたシンポジウムを開催し、その後、7月から10月までの4回、中村先生とともに勉強会を行ってきました。先生から出していただくたたき台をもとに意見を出し、次回の資料に盛り込んでいただく、という形です。
それらの成果をまとめ、12月2日(月)、「銀座の交通グランドデザインを考える」と題したシンポジウムを開催しました。会場となった十字屋ホールには180名を超える方々が集まり、熱気にあふれました。
NewsLetter ニューズレター Vol.77 (2013/12/11)PDF[308KB]
議事録冊子 銀座の交通グランドデザインを考えるPDF[5.1MB]

ページのトップへ戻る