• ニュースリリース
  • イベント情報
  • 連続シンポジウム 新しい銀座ヴィジョン
  • シンポジウム・勉強会
  • 報告会
  • 新富座こども歌舞伎
  • 銀座デザインフォーラムシンポジウム
  • バックナンバー
  • 銀座街づくりとは
  • 銀座デザイン協議会
  • 銀座のルール
  • リンク
  • ご意見・お問い合わせ
銀座の歴史・エピソードをご紹介 銀座まちづくりコラム
銀座デザイン協議申込フォーマット

イベント情報

報告会

銀座街づくり会議報告会 「銀座まちづくり 2nd フェーズ +デザインレビュー2017」

日 時 2017年6月15日(木) 16時〜17時30分
場 所 紙パルプ会館2階
東京都中央区銀座 3-9-11 フェニックスプラザ
プログラム
ご報告いただいた先生方
蓑原 敬   (都市プランナー)
小林 博人 (慶應義塾大学教授 小林・槇デザインワークショップ)
中島 直人 (東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻・准教授)
報告内容
  • 1) 2016年度の活動報告
    • ・1年間の活動報告
    • ・今後の活動計画について
  • 2) 銀座デザイン協議会 デザインレビュー
    • ・デザインレビュー
    • ・デザインルール第三版について
  • 3) 銀座まちづくり 2nd フェーズ
概 要 2017年4月、銀座最大規模の商業施設「GINZA SIX」が開業を迎えました。
2003年に始まったGINZA SIXの計画を契機として、2004年に銀座街づくり会議がはじまり、2006年には地区計画の改正、そして銀座デザイン協議会が設立されました。
この14年間、銀座街づくり会議では、ハード・ソフトのさまざまな課題を議論し、学び、銀座の街のあり方を考えてきました。そして、銀座デザイン協議会では、約1600件を超える案件に対応し、協議事例を積み重ねながら銀座らしい景観形成を議論してきました。
GINZA SIXができた今、銀座のまちづくりは次のフェーズに入るのではないかと考えています。 報告会では、GINZA SIXの協議経過をふりかえりながら、銀座街づくりの14年を総括し、次のフェーズとこれからの銀座まちづくりビジョンを考えます。

銀座街づくり会議報告会「銀座まちづくりヴィジョンに向けて+デザインレビュー2016」 

日 時 2016年6月16日(木 ) 16時〜17時30分
場 所 紙パルプ会館2階
東京都中央区銀座 3-9-11 フェニックスプラザ
プログラム
ご報告いただいた先生方
蓑原 敬   (都市プランナー)
小林 博人 (慶應義塾大学教授 小林・槇デザインワークショップ)
中島 直人 (東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻・准教授)
報告内容
  • 1) 2015年度の活動報告
    • ・1年間の活動報告
    • ・今後の活動計画について
  • 2) 銀座デザイン協議会 デザインレビュー
    • ・デザインレビュー
    • ・デジタルサイネージのルールについて
    • ・デザインルール第三版について
  • 3) 銀座まちづくりヴィジョンに向けて
概 要 2020年を契機として、東京の都市が大きく変わろうとしています。銀座は変貌する東京のなかで、どのような役割を果たし、世界になにを発信できるのでしょうか。
銀座街づくり会議では2015年度の主な活動として、交通課題への対応、財源の研究を行ってきました。銀座デザイン協議会では、デジタルサイネージのルールをつくり、銀座の街並みに合ったデジタルサイネージのあり方を議論し、ルールとして発表しました。また全銀座会G2020と協力し、訪日外国人対応施策の検討、ユニバーサルマナーの周知等に取組んでいます。こうした地道な活動が、銀座から世界に向けた、新しい都市のあり方の提案となり、銀座が将来に渡り、世界に輝く唯一無二の都市でありつづけるために、新しいまちづくりヴィジョンを描きたいと考えています。

2020年に向けて始動−デジタルサイネージ・交通・観光+デザインレビュー2015

日 時 2015年6月18日(木) 15時半〜17時
場 所 紙パルプ会館2階
東京都中央区銀座 3-9-11 フェニックスプラザ
プログラム
ご報告いただいた先生方
小林 博人 (慶應義塾大学教授 小林・槇デザインワークショップ)
中島 直人 (東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻・准教授)
報告内容
  • 1) 2014年度の活動報告
    • ・1年間の活動報告
    • ・今後の活動計画について
  • 2) 銀座デザイン協議会 デザインレヴュー
    • ・デザインレビュー
    • ・デジタルサイネージについて
    • ・事例集について
  • 3) 2020年を見据えて
    • ・銀座の交通と観光
概 要 2020年に向けて、銀座の周辺環境は大きく変わろうとしています。銀座は、2020年の先を見据え、長期的に銀座の価値をより高めていくために、何をしなくてはならないのか、全銀座で議論しています。
デザイン協議のなかで、特に大きな問題となっているのがデジタルサイネージです。激しい動きや強い照明が、落ち着いた銀座の街並みに与える影響は少なくありません。銀座街づくり会議では、2015年4月に、銀座の考えるデジタルサイネージの方向性をまとめました。
また、オリンピック・パラリンピックをふまえ、交通問題と観光対策は大きな課題です。国内外のより多くのお客さまが銀座を歩いて楽しんでいただける魅力的な街にするため、中央区とともに検討しています。

ページのトップへ戻る