• ニュースリリース
  • イベント情報
  • 連続シンポジウム 新しい銀座ヴィジョン
  • シンポジウム・勉強会
  • 報告会
  • 新富座こども歌舞伎
  • 銀座デザインフォーラムシンポジウム
  • バックナンバー
  • 銀座街づくりとは
  • 銀座デザイン協議会
  • 銀座のルール
  • リンク
  • ご意見・お問い合わせ
銀座の歴史・エピソードをご紹介 銀座まちづくりコラム
銀座デザイン協議申込フォーマット

イベント情報

銀座デザインフォーラムシンポジウム

デザインフォーラム2012「被写体としての<銀座>」

日 時 2012年10月30日(火) 15時〜17時
場 所 銀座フェニックスプラザ(紙パルプ会館2F)
プログラム
トーク「被写体としての<銀座>」
齋藤利江(写真家)
山本豊津(全銀座会・東京画廊)
出席者 約100名
主 催 銀座街づくり会議+銀座アート・エクステンション・スクール
共 催 全銀座会、一般社団法人 銀座通連合会
協 賛 一般財団法人 交詢社
協 力 銀座フェニックスプラザ
後 援 中央区
概 要 「銀座フォト」は来年から毎年秋に一ヶ月間、銀座の街全体を美術館と見立て、銀座に数多くあるギャラリーや写真サロンにて写真展やシンポジウムを開催して写真の魅力や多様性を伝えるために発足しました。今回のシンポジウムはそのプレイベントとして写真家の齋藤利江さんをお招きしました。聞き役は山本豊津さんです。これからは写真が真実を映すのではなく、写真に映っていることが真実になる時代だといいます。齋藤さんの写真の一枚一枚に、かつての銀座の真実が映りこんでいました。
齋藤さんは繊維の街、桐生市で生まれ育ち、高校生のころから、東京八重洲口に向かうバスに乗って銀座に通い、銀座の写真を撮り続けました。当時銀座は最先端の街で、自動車、外国人、夜のネオンなど、目に映るものすべてがモダンで魅力的、まるで映画を観ているようだったと齋藤さんは語ります。そのころのカメラのフィルムはとても高価で、被写体を見つけた瞬間、シャッターを押す瞬間、そして家で現像するまでのドキドキした気持ちは、現代では感じられないものだといいます。思い描いたようには撮れていなくてがっかりすることも多かったようで、もう一度トライしなくては!という気持ちも銀座に通う原動力のひとつでした。
十代の頃、数々の写真コンテストで賞を受賞された齋藤さんですが、お父様のご病気により、写真の道を断念します。撮りためたフィルムもお父様に捨てられてしまったと思っていました。60歳の誕生日の日、お父様の遺品の中からかつて撮りためたフィルムが偶然見つかり、そこから齋藤さんは写真家として再出発します。現在は全国各地で写真展を開催するなど精力的に活動されています。
銀座は若い街ではなく成熟した魅力がある街です。これからも写真に撮られて美しい、画になる街になっていかなくてはならないと進行役の竹沢えり子は締めくくりました。
NewsLetter ニューズレター Vol.72 (2012/11/15)PDF[124KB]

デザインフォーラム2011「新しい銀座のファンタジア−歌舞伎座の役割」

日 時 2011年10月31日(月) 15時〜17時
場 所 銀座フェニックスプラザ(紙パルプ会館2F)
プログラム
講演 「都市の祝祭空間」
隈 研吾(東京大学教授)
パネルディスカッション 「歌舞伎座の役割」
隈 研吾
蓑原 敬(都市プランナー)
コーディネーター:山本 豊津(全銀座会・東京画廊)
出席者 約170名
主 催 銀座街づくり会議+銀座アート・エクステンション・スクール
共 催 全銀座会、銀座通連合会
後 援 中央区
概 要 今年も「オータム・銀座2011」の一環として10月31日、紙パルプ会館にて、銀座アートエクステンションスクールと銀座街づくり会議の主催による「銀座デザインフォーラム シンポジウム」を開催しました。参加者は170名。定員を超えてお申し込みをいただき、会場は熱気につつまれていました。
隈研吾さんの基調講演のタイトルは「都市の祝祭空間」。
都市の歴史と、歌舞伎座のこれまでの歴史を重ね合わせ、新しい歌舞伎座のコンセプトと外観、内装について詳しく説明しました。また、歌舞伎座には歌舞伎という素晴らしいソフトがあり、人気ある役者がそろっています。それを最大に銀座という場で生かしていくことの期待を述べてお話を締めくくりました。
続いてパネルディスカッションでは、都市プランナーの蓑原敬さんが、他地域では感じられない銀座の気持ち良さの源泉は、銀座の人たちが街・仲間そして自分の仕事への自信があることではないかと述べ、銀座の場所の力への期待を話しました。そして、前近代-近代-ポストモダンの都市のありかたを、江戸から続く歌舞伎文化と重ねた熱い議論が繰り広げられました。
NewsLetter ニューズレター Vol.67 (2011/11/14)PDF[164KB]

デザインフォーラム2010「街は人を育てられるか−銀座の実験」

日 時 2010年11月2日(火) 15時〜17時半
場 所 シテ・ドゥ・タン・ギンザ(ニコラス・G・ハイエック センター14F)
プログラム
講演 「銀座の価値とは?」
吉田 不曇(中央区副区長)
パネルディスカッション 「大学、銀座、そして世界へ」
飯村 和道(女子美術大学教授)
岸本 章(多摩美術大学教授)
杉下 哲(東京工芸大学教授)
地主 廣明(東京造形大学教授)
熊谷 廣己(日本大学芸術学部教授)
楫 義明(武蔵野美術大学教授) 
田中 寛志(田中寛志デザイン事務所)
伊藤 明(全銀座会催事委員長・伊東屋)
コーディネーター:山本 豊津(全銀座会・東京画廊)
実現写真展
会場に、これまでの銀座スペースデザイン学生コンペティションに出品された作品の数々、受賞作品の写真を一堂に展示します。
出席者 約150名
主 催 銀座街づくり会議+銀座アート・エクステンション・スクール
共 催 全銀座会、銀座通連合会
協 力 スウォッチ グループ ジャパン(株)
後 援 中央区
概 要 中央区副区長の吉田不曇さんから「銀座の価値とは?」というタイトルで基調講演をいただきました。銀座には、銀実会のように「銀座の価値」を継承する若手の会があるから大丈夫、銀座の発展を確信している、と話を終えました。
続いて、パネルディスカッションでは、学生たちを指導してこられた先生方が、このコンペの意義について語りました。学生が銀座のショーウィンドウを実現するという企画は企業にとっては新しいことに挑戦する勇気を与えました。銀座は伝統と同時に革新の街。学生のエネルギーと感性で、今まで見たことのないウィンドウをつくってほしい、という期待を持っていました。
大学にとっては、学生がプロの方と一緒になって銀座で作品を仕上げることにより、大きな夢と成長を与えることができました。また違う大学の学生同士の交流も糧となりました。コンピュータが発達した今、学生が立体物に身体を使って取り組む経験が少なくなっています。それは長い目で見れば、世界に冠たる銀座の美しいディスプレイやファサードのデザインを退化させることになりかねません。そういう目をもって若者を育てることが実は銀座の繁栄にもつながるのではないか、と提言されました。
銀座スペースデザイン学生コンペティションは終わりますが、銀座は今後も大学と連携して銀座が若者を育てそのことによって街が活性化するようなプロジェクトを行っていきたいと考えています。
NewsLetter ニューズレター Vol.63 (2010/12/07)PDF[340KB]

ページのトップへ戻る