• ニュースリリース
  • イベント情報
  • 連続シンポジウム 新しい銀座ヴィジョン
  • シンポジウム・勉強会
  • 報告会
  • 新富座こども歌舞伎
  • 銀座デザインフォーラムシンポジウム
  • バックナンバー
  • 銀座街づくりとは
  • 銀座デザイン協議会
  • 銀座のルール
  • リンク
  • ご意見・お問い合わせ
銀座の歴史・エピソードをご紹介 銀座まちづくりコラム
銀座デザイン協議申込フォーマット

イベント情報

連続シンポジウム 新しい銀座ヴィジョン

第3回 世界から見た銀座の都市デザイン

日 時 2016年11月11日(金 ) 13時30分〜15時30分
場 所 紙パルプ会館3階 会議室
東京都中央区銀座3-9-11
プログラム
基調講演 「世界から見た銀座の都市デザイン」
バリー・シェルトン  (シドニー大学名誉教授)
パネルディスカッション
バリー・シェルトン
蓑原  敬(都市プランナー(蓑原都市計画事務所)、銀座街づくり会議アドバイザー)
小林 博人(建築家(KMDW)、慶應義塾大学教授、銀座街づくり会議アドバイザー)
概 要 著書「日本の都市から学ぶこと」において、日本の文化と都市のあり方との関係に鋭い考察を提示したバリー・シェルトンさんに実際に銀座の街を歩いてもらい、建築・街並み・広告の関係、銀座デザインルールの考え方について、批評していただきます。都市を線上空間の集合構造とみなすヨーロッパと、自立自立した面のパッチワークと捉える日本(そこでは街路は画地をつなぐサービス動線でしかない)。街路が、見る-見られるための舞台であるヨーロッパと、街路とはあらゆるサインが前面に出、情報が脈動する経路である日本。日本では、建築ファサードデザインも、中で何が起こっているかを伝える情報なのだと、シェルトンさんは言います。その違いは、漢字・ひらがな・カタカナ、さらにはアルファベットが混在する文字文化に由来すると、シェルトンさんは喝破しました。銀座デザイン協議会を立ち上げて約10年。明治以来、日本の近代化を担ってきたと自負する都市・銀座は、どのような都市デザインを目指すべきなのでしょうか?
議事録冊子 現在作成中です。

ページのトップへ戻る