報告会

【2019年7月8日開催予定】 『地区計画「銀座ルール」』20年と、これからの銀座+デザインレビュー2019

イベント番号 190708 ※お申込フォームに記入いただく番号です。
日時 2019年7月8日(月 ) 14時~16時00分 *13:30開場受付開始
場所

紙パルプ会館2階
中央区銀座 3-9-11 フェニックスプラザ
場所はこちら

共催

銀座街づくり会議 全銀座会

プログラム

ご報告いただく先生方
小林 博人 (慶應義塾大学教授 小林・槇デザインワークショップ)
中島 直人 (東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻・准教授)

報告内容
1) 2018年度の活動報告
・1年間の活動報告
・今後の活動計画について

2) 銀座デザイン協議会 デザインレビュー
・デザインレビュー
・銀座デザインルール第三版について
小林 博人 (慶應義塾大学教授 小林・槇デザインワークショップ)

3) 『地区計画「銀座ルール」』の20年と、これからの銀座
小林 博人 (慶應義塾大学教授 小林・槇デザインワークショップ)
中島 直人 (東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻・准教授)
ほか

※参加費は無料です。
※定員に限りがありますので、申し訳ありませんが、1企業(団体)2名様までとさせて頂いております。
※定員200名。(誠に恐れ入りますが定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。悪しからずご了承ください。)
※お問い合わせは、銀座街づくり会議 TEL:03-3567-1535 迄。

概要

銀座は商業都市として、1998年に導入・2006年に改訂された現行の『地区計画「銀座ルール」』に支えられ、その価値と魅力をますます高めながら発展し続けてきました。
この20年の間に、国際的な都市間競争が激化し、今後銀座は、日本を代表する商業都市として、これまで以上にその存在感を世界に発信していかなくてはなりません。さらに、人々の消費行動は急速に変化し、銀座も転換期を迎えています。銀座はいつの時代も新陳代謝を繰り返し、その時々の時代をリードしてきました。変化し続ける銀座においては、街のルールも時代にあわせて見直し、常に更新していくものと捉えています。銀座の骨格をつくる『地区計画「銀座ルール」』も、時代の流れや社会情勢に合わせて変化してゆきます。
報告会では、1998年からの『地区計画「銀座ルール」』の評価と、それをふまえたこれからの銀座について、議論します。